株式会社 中村正 | 会社概要 | 保有車輌 | 業務案内 | お問合せ(E-mail) 



測量・建設コンサルタント(上下水道部門)

オールライナー工法(オールライナー協会のホームページにジャンプします)

パルテムSZ工法 (パルテム技術協会のホームページにジャンプします)

ASS工法・ASS-L・H工法

消化槽清掃作業工法(スカム除去機・脱水機)

下水管マンホール詳細調査

品名
     1号人孔調査・診断

検査方法
     コンクリートコア・斫り採取
       (圧縮強度、反発度試験、中性化・鉄筋腐食試験)

概要: 

 下水マンホール内は硫化水素が発生しやすい箇所となっています。そのため、躯体のコンクリートが腐食しやすい箇所となっているため、近年、国土交通省下水道部より改正下水道法で5年に1回以上の頻度で点検が義務付けされている。

 今回、マンホール詳細調査を行いました。写真をご覧ください。


鉄筋探査

鉄筋探査

電磁波レーダー使用
反発硬度測定
コア採取状況
斫り中性化状況
中性化測定状況


ASS工法・ASS-L・H工法

【より詳しい情報はASS工法協会のホームページへ】

ASS工法は下水管のクラックや継手部の不良箇所を既設マンホールからTVカメラにて誘導し、部分的に補修する非開削補修工法です。
L・H工法は、L・Hシートに可視光線を照射して、感光硬化させることによって、下水道管渠を管内部より部分更正する工法で、短時間で補修することが可能です。
   
L・Hシートは、補強材として耐酸ガラスを使用し、可視光線光重開始剤を含むビニルエステル樹脂を用いています。標準硬化時間は25分間で、硬化時の温度は50℃以下です。
 
<ASS工法>
 
施工前
 
施工中
 
施工後
消化槽清掃作業工法(スカム除去・脱水機)
消化槽の清掃作業工程
1.槽内はメタンガスが充満しているので、槽内を置換します。
2.槽内上部に浮上し堆積したし渣等をスカム除去機にて除去します。
3.脱離液排出後、汚泥を吸引車にて吸引します。
4.吸引された汚泥は脱水機により脱水し産廃処分とします。
消化槽 施工状況
スカム除去作業
脱水作業

©2002 株式会社 中村正建設. All rights reserved.